本文へスキップ
ロングバイザーは毎日を楽しくする帽子です/日本でいち早くロングバイザーを展開し始めたのがグリーンインアボトルロングバイザー時代に
とらわれないこのスタイルは発売以来多くファンに支えられています。

お問い合わせはTEL.046-857-6263

〒240-0104 横須賀市芦名2−6−1 株式会社 アムマックス

歴史history

ロングバイザーを最初に作ったブランド

店内イメージ


ひと昔前は本当におかしなスタイルの帽子でした。

最近では有名ばブランドもツバ長帽子(ロングバイザー)
と言うキャッチコピーで販売されているが・・ 
当時は風変わりなおかしな帽子と言われていました。

そんなロングバイザーが現在に至るまでのチョッとした
情報をご説明いたします。



車は急には止まれない !!!

私の友人が 1986年に旅先で この言葉は”ぼくが最初に作った言葉なんだ”と食事中に
真顔で話すのをみてふきだしそうになったのをよく覚えている。 と言うのもその頃でさえ
ごく当たり前の決まりフレーズで誰もがしっていたからだった・・・  ほらを吹く人間でもも
ないので話をよく聞いてみると 彼が小学校の時 (当時でもう30を超えていただろうから
20年前の1962年頃だろうか)に学校で標語を作るときに提出したものらしい・・・ちなみに
場所は北海道!

なぜ longvisor.com でこんな話をするかと言うとロングバイザーを生産し始めたの私どもが
初めてだったからだ・・・  今でこそ つばの長い帽子をよく見かけるが 1980年後半には 
一切目にすることは無かったからだ・・・・ 本当に"バカじゃないの”と言われる程 受け入れ
るに値しない代物だった・・ それであっても何の確証があるわけでもなく その前にどなたが
作っていただの争うつもりもなく 事実をそのままをお伝えしたい。
まさに友人が話していた標語と同じ部類のものだ・・・・・

オーストラリアでバックパッカーだった友人と歩くうちにやけに日差しが眩しいのに気づいた
高い山もなく 日が傾いた状態が長時間ある台地では影かやけに長く 眩しさがます・・・・
そこで歩いている最中に自分の帽子にダンボウルを丸くして貼り付けて歩き始めた姿が印象に残る・・・・ それが我々が目にした初めてのロンブバイザーだった・・・・

ブランドに関してのヒストリーは www.greeninabottle.com でご覧いただきたい・・・・

バランスがとれたこのスタイルはまさに私どもが最初にロングバイザーを手がけたことさえ
実感していただけると思っております。

車は急には止まれない !!! それは私の友人が作った言葉です・・・・ 



ELライン(サンドイッチ)ロングバイザー

料理イメージ

最近ではよくゴルファー達が被っているのを良く
目にする ツバの間にカラフルなマティリアルが
挟み込まれた サンドイッチロングバイザー。

これも真似されたとは言うつもりはありませんが
発売 当時 大手会社の方に目を付けて頂き 通販誌で
販売した所 爆発的な販売にいたった商品。その時に
ELライン(エッジライン)と名づけて頂き現在に
至っている。今やその方は部長さんに昇格し活躍
なさっている。さすが 偉くなる方は目の付け所が
違う。


クリップオン ロングバイザー

食材イメージ

ヨットマンのアイデアから生まれた。クリップオン。
キャップキーパーが標準装備されたロングバイザー。
元々はキャップキーパーがなく オリジナルロング
バイザーとして販売されていたが こちらのタイプの
ニーズが高かったため オリジナルがあえて廃盤と
なり クリップオンシリーズが入れ替わりロング
バイザーのオリジナルアイテムと代わった。

帽子を飛ばされる事なく被れるこのクリップオンは
釣りをする方 ヨットマンなど水辺のスポーツマン
に人気があるアイテム。


店舗イメージ

shop info.店舗情報

株式会社 アムマックス

〒240-0104
横須賀市芦名2−6−1
TEL.046-857-6263
FAX.046-857-6269





このページは

www.longvisor.com

ロングバイザードットコム